上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.26 遺影について
人が最後に使う写真って、遺影になりますよね。
最近は生前に遺影を撮ってもらうという、システムもできているようです。

ただ一般的には、残された家族が、その写真が一番「その人らしい」という写真を
遺影にする事が多いです。

当然、その写真を撮る時は、遺影に使われるなんて、思わずに撮ったものが
ほとんどです。
素敵な笑顔の写真が撮れて良かった・・・・
という、思いから、葬儀場でその写真を見た時「そんなつもりで撮ったんじゃないのに」という
悲しい思いになる事もあります。

ただ、「一番その人らしい写真」を撮れた自分を誇りに思えるようになった時
私の中で、その子の死が受容できるのでしょう。

人の命はもろくて儚いものです。
だからこそ、生あるうちはできる事をしていかなければなりませんね。

IMG_0943.jpg

私の写真は、あなたの最期にふさわしかったですか?

めぐ隊長
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://karinkai.blog116.fc2.com/tb.php/273-0df47a27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。